池袋の質屋を利用するデメリットは?

池袋で借入をしたいという時に便利なのが質屋なのですが、池袋の質屋を利用するにあたってはデメリットも確認しておかなくてはなりません。

質屋というのは、そのシステムとして、お金を借り入れるとしても品物を預けることによって、返済ができない場合でも取立てられる様なことはありません。
結果、お金を返済できなかったとしても、品物が質流れするだけで良いという利用する人にとってはかなりメリットが印象強くあります。
ですが、やはりお金を借り入れるリスクというのは全くない訳ではなく、利用する前にはデメリットについても知っておく必要があります。

質屋を利用する場合は、当然のことなのですが、借り入れるための価値のある品物が必要となります。

例えば五万円借りたかったとしても、五万円に見合う品物がなければ、借りることはできないということです。

担保なく借入のできるキャッシングに比べると、その様な条件があります。

また、預ける品物があっても、実際に査定をしてもらわなくては、いくら借りられるかという明確なことは自分では判断することができません。

当然、質屋によって査定する人が違うので、借入できる金額もそれぞれ変わってきます。

注意が必要なことが質屋での金利のことです。

質屋の金利というのは年利109.5パーセント(質屋営業法,(略)質屋法で決まっています)とかなり高額です。

銀行や消費者金融の金利と比べてみても、ダントツで高金利になっているので利用する際には忘れない様に気をつけましょう。