池袋の質屋の利用方法

池袋の質屋を利用するにあたって、借入をするまでにはどの様な利用方法となっているのでしょうか?
質屋の利用の流れは池袋を始め、ほとんどの質屋において同様になりますので、よくチェックしておきましょう。

質屋を利用する場合、その借入期間というのは三ヶ月になります。

返済期日となる流失期限までに、元金と利息を支払って品物を返してもらう
もしくは、質料を支払って再預けをする
もしくは、質流れとすることになります。

まず、預けたい品物をもって、質屋に実際に行きましょう。

質屋を利用する場合には、現住所が確認でき、本人確認のできる証明書の写しが必要となります。

18歳以上、高校生は利用することができません。

持ち込んだ品物は質屋の鑑定士によって査定がされ、借入できる金額が提示されます。

鑑定による査定では、質預かりだけではなく、買取としての査定をすることもできます。

質預かりと、買取については、同じ金額が提示されるとは限らないので、査定をする場合には、質預かりか買取かを伝える様にしましょう。

査定などに掛かる所要時間は五分くらいになります。

査定の結果、提示された額に納得がいった場合、専用の書類に必要事項を記入します。

品物を預けると、質札と言うものを受け取るので、借入をしている間はしっかり保管しておく様にしましょう。

質預かりの品物は流質期限内は質屋によって保管され、元金と質料を返済した時点で、品物を受け取ることができます。