池袋の偽装質屋に気をつけよう

池袋には幾つかの質屋がありますが、最近ニュースにもなっている様に池袋にも偽装質屋も存在しているので、十分注意が必要です。

質屋というのは担保を質入れして、万が一の返済不能時も、担保のあるお陰で、無理な返済などをすることがないというのがメリットなのですが、偽造質屋の場合はそうはいかない様です。

まず、偽装質屋の手段というのは、質入れする品物について、普通の質屋との違いがあります。

偽装質屋の場合は形では質入れをして品物を預かりますが、実際にその品物は100円ショップなどで購入したあまり価値の無いものでもOKとして、かなり大きな融資をしたりします。

普通の質屋よりお得ではないの?と思った人もいると思いますが、確かに質流れになってしまったら、質屋は損をするということになるのですが、実際に偽装質屋では質流れをさせてもらうことができません。

基本的には、偽装質屋であった場合、指定口座の自動引き落しによって返済をさせていきます。

本来の質屋のシステムであった場合、借り入れたお金を返済してもよし、返済しないで質流れにするのもよしという選択肢があるのですが、偽装質屋の場合は、確実に返済をしなくてはなりません。

最近では高齢者の人がこの偽装質屋に多く騙されている傾向にあり、年々増加しています。

警察からも注意喚起をしていますが、質屋を利用する際に質入れする品物が何でも良いという場合は確実に偽装質屋なので絶対に利用しない様にしましょう。

!!注意!!社会的弱者を食い物にする「偽装質屋」の手口とは? 被害者弁護団の弁護士に聞く|弁護士ドットコムニュース